kihohorimoto’s diary

自分らしく、楽しく素直にいこう

高校生でもない大学生でもない少女?が送る春休み あした死ぬかもよ?で胸が締め付けられた(若干ネタバレ)

完読してないけど!毎日連載決めたから書きまーす 

ささった言葉。

本の一説

「まずは、あなたを自由に生きることから遠ざけている、思い込みや制限んを探ってみましょう。では、次に続く文章を声に出して読んでみて下さい」

 

・・・

 

『人と違ったっていいんだよ。』

『恥をかいて人に笑われてもいいんだよ。』

『すべての人と仲良くできなくたっていいんだよ。』

『嫌いなことは断っていいんだよ。』

 

他にも複数ありましたが、この4つを声に出した瞬間胸が締め付けられました。

今までの私は、

 

人と違わない方法が一番楽だ、でも目立ちたい。だからいい具合に少しだけ目立とう。

 

恥をかいて笑われている人は自分よりか下の人間だ。自分はああにはなりたくない。

 

すべての人と仲良くならないと、仲良くない人たちから伝染して、自分の弱みに付け込んでくる人たちが増えてしまう。八方美人並みに、でも八方美人すぎないように、ふるまおう。

 

嫌いなことは断ってやる。やなやつの仕事を請け負うほどうちはおりこうじゃない。断るってなかなかチームワーク乱すよな。自分問題児やなー。まあこれで周りが注目してくれるならいっか。

 

 

とか、考えてました。共感していただく人も多いかもしれません。

このネガティブな考えを、あの四つを声に出して自分に語り掛けてみることで、なかなか気分が変わるものです。

でももちろん、人々がもつ生きる上でのしこりはこんな簡単には取れませんよね。

私もこれからです。

この語り掛けは三週間、寝る前に毎日三回やるといいそうです。

 

なかなか自分の内面に革命が起きつつあります。

人間として最高な人間になれる気がする。

 

でも、それを実践して慣れて感覚をつかんでいくにはかなり時間がかかる。

その経緯もこの毎日掲載で書いて、文字化して、シェアして、

いきます。

 

読者が一人でも多くなって、共感心をいだいてくださった方を少しでも応援できるように。